ちいさいひと 青葉児童相談所物語

ちいさいひと 青葉児童相談所物語

今ネットで話題になっている漫画があります。それは児童虐待をテーマにした漫画「ちいさいひと 青葉児童相談所物語」です。

 

 

まんが王国ならすぐにスマホで読めます。無料試し読みできるのでおすすめです。

 

 まんが王国はこちら

 

ちいさいひと 青葉児童相談所物語は、夾竹桃ジン(きょうちくとうジン)の漫画で、週刊少年サンデーで連載され、その後、週刊少年サンデーSで2013年12月号まで連載されました。

 

現在、ちいさいひと 青葉児童相談所物語は電子コミック化され、スマホで簡単に読むことができます。

 

ちいさいひと 青葉児童相談所物語がスマホで読めるサイト

 

まんが王国

 

ガラケー時代から超有名な電子コミック配信サイト「まんが王国」。ちいさいひと 青葉児童相談所物語は6巻完結すべて読むことができます。月額300円からで支払いは毎月の携帯料金と一緒にできるので、クレジットカードの入力はいりません。auのauかんたん決済、docomoのspモード決済、softbankのソフトバンクまとめて支払い、クレジットカード決済、楽天ID決済、WebMoney,が利用いただけます。また、無料で読める漫画が常時1400作品以上あり、会員登録しなくても無料で試し読みがたっぷりできます。スマホで読むなら、一番おすすめです。ちいさいひと 青葉児童相談所物語、総合ランキングで1位です。

 

コミックシーモア

 

老舗の電子コミック配信サイト「コミックシーモア」。こちらも、ちいさいひと 青葉児童相談所物語は6巻完結すべて読むことができます。20万冊超えの圧倒的な漫画数で男性から女性まで幅広い人が利用しています。運営はNTTグループのNTTソルマーレで安心して読めます。支払い方法は、docomoのspモード決済、auのauかんたん決済、softbankのソフトバンクまとめて支払い、クレジットカード決済、楽天ID決済、WebMoney,が利用いただけます。無料や値引きなど毎月100本以上のお得なキャンペーンが人気です。

 

ちいさいひとがパソコンで読めるサイト

 

ebookjapan

 

ebookjapanなら、ちいさいひとがパソコン、タブレット、iPhone/iPod touch、Androidなどいろいろな端末で漫画が読めます。漫画数は何と300,000冊以上で業界最大級です。

 

ちいさいひと 青葉児童相談所物語のあらすじ

主人公の相川健太22歳は、福祉専門職として青葉市に採用された新米児童福祉司。幼少時に母親から執拗な虐待を受けた過去を持っているが、1人でも多くの子供を救うために奮闘していきます。

 

ちいさいひと 青葉児童相談所物語の登場人物

・相川健太(あいかわけんた)…主人公、新米児童福祉司22歳。
・長澤彩香(ながさわあやか)…健太の同期の保育士。
・塚地誠(つかじまこと)…健太の先輩の児童福祉司。
・大場聡子(おおばさとこ)…健太の先輩の児童福祉司。
・藤井東児(ふじいとうじ)…青葉児童相談所の副所長。

 

ちいさいひとを読んだ感想

無責任な大人が増えている――というのは言いすぎにしても、今の若い人たちを見ていると不安になることが多い。簡単に人と繋がり、そして離れることのできるインターネットに慣れ親しんだ若者が子供どもを持つとどうなるのか。「ちいさいひと」を読むと、そんな思いが募る。この物語に出てくる子どもの親はあまりにも未熟で、子と親の繋がりの暖かさを感じられるシーンがほとんどない。僅かに、それでも母親と一緒にいたいという子どもの思いが綴られるが、それだけに辛い。母親は未熟者で、およそ子供の愛に応えらるような人物ではないのだから。その親子の板挟みとなるのが児童相談所なのだが、どちらの視点も知りえる立場にあるこの場所が、はたして親子をうまく調和させることができるのだろうか。その苦しみ、葛藤を「ちいさいひと」は訴えかけてくる。これは読んで胸を痛めるだけの漫画ではない。現代の親子への警鐘なのだ。現代を生きる人の必読漫画のひとつであると思う。

ちいさいひと読めるまんが王国って?

「ちいさいひと 青葉児童相談所物語」「児童福祉司 一貫田逸子」「児童養護施設の子どもたち」など児童をテーマにした漫画がスマホで読めるまんが王国。

 

まんが王国は、「ケータイ★まんが王国」という携帯サイトの頃から通算で8周年を迎えるコミックサイトです。長く愛され続けていく中で、利用者の声が様々な形で反映され、より使いやすく、見やすくなっていってます。今ではガラケーだけでなく、スマホ・タブレットなど幅広い利用者層から支持を得ています。

 

コミックの充実なラインナップだけでなく、無料で読めるコミックを多数揃え、毎週更新されていくことが魅力です。さらに高画質版のコミックが用意されており、電子書籍ながら実際に手にして読んでいるかのようなクォリティで楽しむこともできます。また、コミックを1ページ毎に閲覧するか、コマ割毎に閲覧するか、画面の小さなガラケーやスマホでもより見やすい方法を選べます。

 

最大級のコミックラインナップでも、ジャンル別などに分けられているので、読みたい作品を探しやすく、また素敵な作品とも出会いやすいサイトになっています。電子書籍を初めて読む方にも、安心・快適なコミックサイトと言えるでしょう。

 

まんが王国の料金

まんが王国の料金は月額制・ポイント制になっています。お手ごろ価格な315円コースから始められます。キャリアによって違いがありますが、315・525・1050・2100と金額ごとのコースが用意されています。525円コース以上からは毎月付与されるポイントにボーナスがつきます。

 

たとえば、315円コースの場合は300ポイント付与されますが、525円コースなら600ポイント獲得、1050円コースなら1240ポイントを獲得することが出来ます。金額に応じてボーナスがありますので、10000円コースの場合はなんと3000ポイントも獲得出来るのです。このポイントを使って、有料コミックを閲覧できます。たくさん読みたい方や、巻数の多いコミックを読みたい時はポイントボーナスが多いコースを選ぶことをオススメします。

 

さらにポイントボーナスもあります。それは有料コースを2コース登録する方法です。2コース以上登録した場合、毎月のポイント+100ポイントが付与されます。料金の支払い方法は簡単です。毎月のケータイ料金と一緒に引き落としすることができますから、面倒なことはなく気軽に楽しめます。ちいさいひと 青葉児童相談所物語は、400ポイントで読めます。


まだ認知度が低い様に感じる児童相談所

私は以前から「ちいさいひと 青葉児童相談所物語」みたいに児童相談所で働きたく、学校へ行き資格を取得しました。就職活動の面接も合格し、入社をしました。実習では、何度か児童相談所でも様子はみさせて頂いていたが、働き出すとやっぱり甘い世界ではない。心身的虐待、性的虐待、DV、ネグレクトなど様々な環境で生まれ育った子どもたちが沢山いる。働く中で、次の日になればまた子どもが増えたり、里親の所へ行き減ったり、また戻ってきたり…様々なケースがたくさんある。しかし、その働きかけをしてくれるのが児童相談所です。児童相談所では、家庭で起きている様々な虐待から救おうとし、児童相談所での一時保護や児童養護施設にお願いをし保護しようとしている。近所からの通報や、学校からの通報で家に訪問し子どもたちの様子をみながら日々、一人でも多くの子どもたちを助けるため、また、親の育成の為、動き回っている。時々、児童相談所が遅いから死亡事件になったと責める声も聞こえてくるが、しかし、どんなことをされても親と離れたくない子もいれば、自ら助けて下さい。と言える子もいる。通報があったからと言って子どもが親を頼る姿を見ると証拠もなく、児童相談所が連れていくわけにもいかないと思う。人1人の命がそこで左右されるかもしれないが、親子の気持ちも含め考えて行動する仕事を日々していると思います。ちいさいひと 青葉児童相談所物語はとても勉強になる漫画なので、子供を持つ親御さんや子供と接する仕事をしている人にぜひ読んで欲しいです。